Photo

石井先生との出会いは、出張着付けでした。
先生とお会いする二日前に、別の方に着付けをしてもらったのですが、仕上がりが歴然の差でした。
別の方は補正も全くせず着付けたため、貧相にガバガバした仕上がり。
先生がされた着付けは仕上がりは寸胴かつ美しいし、着崩れしなかったのです。
「この先生ならきちんとした着付けが学べるんではないか」
と思い、レッスンをお願いしました。

私が着物を習いたいと思ったのは、母がかつて嫁入りの際に持参した着物が、
桐ダンスに残ったままになっていたため、
せっかくあるこの着物を自分で着て生かしたいと思ったからです。

ただ、私には二人の子供もおり仕事をしているため、あまり時間がありません。
それに加え、持っている着物がどうものなのかも説明してもらいたく、
石井先生を自宅に招き個人レッスンをしていただく運びとなりました。

私は、「10 回で名古屋帯・袋帯のお太鼓を、手結びで自分でできるようになる」
という目標を掲げ、先生と二人三脚レッスンをしました。
先生はテキストを使うことなく、私に帯についてや着物について、格についての基本知識、
礼儀作法まで教えてくれました。
さらに私の疑問や質問についてもすぐに答えてくれるため、
自分の興味があることをきちんと深く教えてくれました。

着物はお相手あってのもの。
その場に合わせた着物(格)を着ることで相手に恥をかかせないようにする。
季節季節を楽しみながら、着物を着ていく。
自分だけで楽しんで着るときは、形にこだわらず組み合わせて着てみる。
ほかの先生に習ったことはないので比較はできませんが、石井先生の場合、
こうあるべきだというおしつけは全くなく、私の意見考えを一度飲みこんで、
そのうえでアドバイスを言ってくださいます。
着物は堅苦しいイメージがきっと先生にお会いすることで払拭されることと思います。

レッスンは温かい雰囲気のもととても朗らかで楽しい時間です。
毎週レッスンが楽しみでしかたありません。
ぜひ皆様も着物好きになる一歩を踏み出してみてはいかがですか?
マスターされましたら、石井先生の生徒として一緒に鎌倉散策などしてみたいですね。

ڍׂ͂

Photo

石井先生と出会ったきっかけは、広報誌「鎌倉萌」に載っていた、浴衣の着付け教室の案内でした。
当時私は浴衣の正しい着方がわからず、母にお願いをして着せてもらっていたのですが、
自分に着れるようになりたく、優美出張着付けに問い合わせをしました。

浴衣というと、失礼ながら、ご年配の講師なのかな、と思っていたのですが、
実際にお会いしてみると思っていたよりも若く、知識が豊富で着物への愛情も深い、
素敵な先生でした。
写真館で撮影したものと見紛うほどの技術で写真を撮影していただいたとき、
「石井先生は、女性が一番素敵に見える方法を知っている」と感じました。

着付け教室には引き続き通いたかったのですが、当時の私は仕事が忙しく、
残念ながら、断念せざるを得ませんでした。

時は流れ、仕事も少しずつ落ち着き、私は茶道を始めました。
「着物を習うならこの人がいい」と、再度石井先生に依頼をすることになります。

背が高くて痩せてる私は、呉服屋に入っても自分に似合うものがなく、
着物が似合わないと長年思い込んでいたのですが、石井先生には、
私に似合う着付けを教えていただきました。
それだけではなく、着ていても苦しくない着付けを教えてくれるのです。
再び、「石井先生は、女性が一番素敵に見える方法を知っている」と感じました。

コンプレックスで着物を着るのを躊躇っていた私ですが、
着付けひとつでここまで人は変われるということ、そのことに深く感動いたしました。

ڍׂ͂