藤沢から徒歩4分小さな呉服屋さんがあります。戸を開けると細長い店の奥からひょいとおかみさんが顔を出します。

遊撃手のように、車でブンブン仕事をしている私には、安全基地のように感じられ、ほっとできる場所です。なんとなく居着いてしまった猫のように、何時間もいたりします。一応何かしらの用事があって来てはいるんですが。ほとんど出入り自由の猫。にゃー。

数少なくなった貴重な町の呉服屋さん。

暗号のような、禅問答のような注文にも、女将は的確に応えます。

訪問着の着物も帯も決まってないけど、レンタルに使いやすい帯揚げ帯締め3セットずつ、長襦袢以下小物一式つけて、幾らで。出来れば草履バッグも、という無茶ぶりも応えてくれます。

何日にどこどこへこういう用事で、着物来ていきたいが、にあう着物選んでね。ヘアメイク着付けつきで。という、所謂マルっとお任せレンタルとか。

化繊の着物だけど、高級感のある帯と小物の取り合わせにしてね。2セットくらい欲しいな。

とか。無茶苦茶言ってますね。あたし。

でも、ちゃんと、理にかなった、いいものが、ささっと出てくるんです。魔法のよう。

で、たまに、タンスを覗いて女将これはハウマッチ。と聞くと、非売品よー。と帰ってくる。売るきないんだな。とタンスを閉める。

大量の着物がまた入荷したの、たーすーけーてー。とメッセージが。また、増えてる着物が。律儀に買い取るのはいいですけど、おかみさん大丈夫?と聞くと。

昔からの馴染みで高いお品を買ってくれる人もいるの。そのお陰でなりたってるわ。と。

すると、ああ、そうか。学生時代に大好きだったアンティークショップってこういう感じだったなあと。調度細長いお店で。毎日のように眺めにだけ来る、学生を黙って、見過ごしてくれていたっけな。

半ば小さな美術館のように、美しい品に見とれていた。そういうところは、何も変わらないものだと感心する。

何でもネットの世界でわかった気になるけど、目で見て触れて、言わば、共に生きる仲間になるもの。タンスでいかされずに、忘れ去られることがないように、女将は慎重に着物と人を引き合わせているのだと思います。

 

 

 

 

ڍׂ͂

6年くらい前に、ホームページを作りませんかと、若いお兄さん二人が営業に来ました。

当時、ホームページもないと、作りませんかという電話が非常に多くて彼らも、同じような営業だと思ったのですが、ただひとつ、違ったことは、彼らは3度もきてくれて、私の話を聞いて凄く素敵なホームページの雛形を作ってくれたのです。

当時は今のように、鎌倉のレンタル店が乱立していたわけではなく、一店舗くらいの話で。だから、ちょっと高級なレンタル、しかも、タンスの着物の共有引き出しという独特なスタイルを考えていました。そのままを、話したら彼らは雛形を作って来たのです。結局その時は、私が妄想に近い直ぐ現実にならないことを言ったため、その時はお願いしませんでした。

一年後、またホームページを作りませんかという営業の電話があり、適当にあしらってしまおうとしていたら、ふと電話の人が、代わって、「覚えていますか?僕ですよ。清島です。」とおっしゃったのです。

三回も来ていただきながら、お断りしたことが本当に申し訳なく、でも、彼らの作った雛形はずっとパソコンの端っこにおいてありました。とても素敵だったからです。

聞けば、会社を立ち上げたとのこと。名前はGRACEと聞いたら他人の名前と思えず、「貴方たちにたのみたいと思います。ただし、私はあなた方に前の時に、夢を話してしまった。等身大の今やっていることを、ホームページにしていただけますか?」と。

何ヵ月もかけて、担当者のかたが、丁寧に作って頂き、フォローもしていただきました。素敵なホームページができてから、共に歩んでまもなく5年になります。

今は時の流れも変わり、集客方法も、ホームページからというより、競合他社から選ぶスタイルに代わり、一般のかたからのご依頼はさほど多くありません。また、簡単に出来る無料のホームページがあり、ブログや、インスタグラムなどで、お仕事をされているかたが増えました。初期投資をホームページにせず、効果的な、宣伝方法を知る人が勝ち抜いていくような感じに変わったのかなと思います。

でも、だからこそ、ここまでのホームページを持っている人は少なく、それゆえか、企業様からのご依頼が増えた気もします。スタッフをかかえて、提携先も増えて、あたらしいしごとのかたちを考える局面に来ました。

彼らはどうしているのだろうと考えたら、すっきりとしたデザインのホームページになり、海外進出まで、果たし大きく会社がなっていました。時流を読み、デザインのみならず、一緒にワクワクと仕事のありかた考えてくれた、若いお二人のご様子が今でも思い出されます。

おばさんの戯言と思われたかもしれない。でも、面白そうにキラキラと聞いてくれて、新たな事業として提案してくれたあの雛形。鎌倉にレンタル店が乱立している今、同じ土俵には上がらず、違う形で、上質な着物の提供の展開を進めていくつもりです。

 

 

ڍׂ͂